ロボットベース

ロボットベース開発の原点

レオン自動機では、将来の食品生産ラインに産業用ロボットを導入すべく研究開発を行って来ました、主に粘着物(饅頭やクッキーの生地)が掴めるハンドの開発で、動画は研究成果として展示会で発表したロボットシステムです。

この時ベースは都度設計製作しなくてはならず、市販品がないことに着眼し、鋳物製ベースの開発を始めました。


鋳物製のベースはロボットの振動を抑制する効果があることが後に実証され、『超モノづくり部品大賞』で奨励賞を頂き商品としての価値を認めていただきました。


今後は市場の開拓に力を入れ皆様に喜ばれる商品作りに邁進してまいります。

ロボットベースは設計製作から市販品を買う時代に

◆設計不要

サイズが標準化されておりカタログ商品としてご活用いただけます。

仕様はこちら

◆鋳物のポーラス効果で振動を吸収
振動の吸収力効果はステンレスの3倍(当社比)
◆塗装不要

耐腐食性アルミ合金製だから塗装が不要、異物混入の問題があるから鉄製のベースは使いたくないと言うお客さまに最適。


近年、食品・医薬品・化粧品等の業界等では、異物混入による商品クレームを避けるため、生産設備の塗装部品が敬遠されやむなくステンレスで製作されています。

このような現場にロボットを導入する際にロボットベースも例外ではなく、ステンレス製の高価なパーツとなっていませんか?


レオンアルミ製オリジナルのロボットベースは、このような問題を解決し、上記の様な付加価値を付けた「カタログ商品」として販売いたします。


※本品の鋳造用木型は、フレキシブル仕様で製作しており一部形状を変更したい等のご要望にも対応可能です。

特殊仕様(ロボット取り付け部の形状や全高)のご要望はメールでご連絡ください。

鋳物のポーラス効果で振動を吸収~タクトタイムの向上に!

鋳物のポーラス効果で振動を吸収

鋳物には振動を吸収する特性があります。これは、ポーラス構造という鋳物特有の結晶構造に起因すると言われております。

ロボットは高速化・高精度化が進んでいますが、ベースが揺れるとロボット本来の性能を発揮できません。

制振アルミ鋳物ベースは位置決め静定時間の短縮に寄与します。タクトタイムの向上に是非、お役立てください。


◆検証結果 〔振れ幅〕

アルミ鋳物・・・0.02mm

SUS板金ベース・・・0.06~0.08mm

テスト結果
揺れ幅
アルミ鋳物製ベース ステンレス板金製ベース
0.02mm 0.08mm
ベース仕様 アルミ鋳物製ベース ステンレス板金製ベース
高さ 重量 高さ 重量 板厚
650mm 68kg 620mm 100kg 6t

スペック比較

スペック

ロボットベース・トール
寸法 ロボット取付座面 360mm×360mm
高さバリエーション 750mm/700mm/650mm
接地座面 450mm×450mm
ロボット取付タップ 各メーカーのロボットに合わせ都度タップ加工(ヘリサート挿入)
接地面固定穴径 φ19mm
接地面固定穴ピッチ 390mm×390mm
重量 高さに対し各重量 74kg/71kg/68kg
材質 AC7A 耐腐食性と高靭性の特性を持つアルミ合金
表面仕上 標準仕様 シットブラスト仕上
オプション仕様 バフ研磨/アルマイト処理
ロボットベース・ミニ
寸法 ロボット取付座面 210mm×210mm
高さバリエーション 300mm/250mm/200mm/150mm
接地座面 φ300mm
ロボット取付タップ 各メーカーのロボットに合わせ都度タップ加工(ヘリサート挿入)
接地面固定穴径 φ12mm
接地面固定穴ピッチ φ268mm-90°
重量 高さに対し各重量 14.5kg/13kg/11.5kg/10kg
材質 AC7A 耐腐食性と高靭性の特性を持つアルミ合金
表面仕上 標準仕様 ショットブラスト仕上
オプション仕様 アルマイト処理/バレル研磨/バフ研磨
NEWミディアム
寸法 ロボット取付座面 360mm×360mm
高さバリエーション 550mm/450mm
接地座面 450mm×450mm
接地面固定穴径 φ22mm
接地面固定穴ピッチ 395mm×395mm
重量 高さに対し各重量 -
材質 AC7A 耐腐食性と高靭性の特性を持つアルミ合金
表面仕上 標準仕様 シットブラスト仕上
オプション仕様 バフ研磨/アルマイト処理

ロボットベースバリエーション

ロボット適合表

ダウンロード

ロボットベースができるまで

ロボットベース販売代理店

ダイドー株式会社

愛知県名古屋市中村区名駅南4-12-19

TEL052-533-6710 FAX052-533-6715

E-mail: nagoya01@daido-net.co.jp

URL: http://www.daido-net.co.jp

高津伝動精機株式会社

東京都大田区東蒲田13-2-2

TEL03-3736-5170 FAX03-3734-3540

URL: http://www.takatsu.co.jp

株式会社 ナチ北陸

富山市石金2-3-60

TEL076-424-3991 FAX076-492-4319

ページトップへ戻る